定修に関わるのはどんな職種?施工管理は大変!?

定修って何?初めて聞いた!?

定修という耳慣れない言葉がありますが、定期修理のことです。日々の生活に必要なガスや電気、工業製品などを生産するプラントは、毎日休みなく24時間稼働しています。その結果としてプラント設備は必然的に劣化するので、安全確保のためには定期的に点検して必要な修理を行うことが不可欠になるのです。

定修のときに活躍する職種とは?

定修は、プラント内のオペレーターのみで行うことはできません。高い場所の修理が必要なことや、配管の切断や溶接をしなければならない場合が多いからです。そのため定修には、現場のオペレーターが立ち会うほか、高所作業に必要な足場を組み立てる業者や溶接工、解体業者やプラント内設備のメーカー担当者などの外部の人たちが集まります。

定修の施工管理はつらい!?働く魅力はあるの?

現場の作業員たちと連携を取って工事を進め、施工を計画通りに安全に行えるようにすることを施工管理といいます。こうした施工管理は定修にも必要ですが、定修の施工管理は多大な責任を伴います。巨大なプラント設備を期限までに完了しなければならないことや、危険物を扱う施設のために細心の注意を払わなければならないことが理由です。ほんの少しの気のゆるみが、プラントの稼働開始を遅らせてしまうことや、大惨事につながる可能性もあるのです。

しかし、それでも定修の施工管理者として働く魅力は大いにあります。今後も安定した需要が見込めることや、高収入を目指せることです。重要な国内エネルギーを扱うプラントのような施設は、今後もなくなることはありません。また、施工管理自体が収入が高い職種ですが、その中でもエネルギー分野の施工管理はさらに高くなっています。興味のある人は、キャリアパスとして検討すると良いでしょう。

定修は、機械や電気などの専門知識が求められ、工場内の生産設備が正常に動作するために重要な業務となっています。